いたみわっしょい:サブメニュー

開催概要

チーム

ごあいさつ

実行委員会

開催レポート

第16回いたみわっしょい ごあいさつ

~いたみわっしょい実行委員会 実行委員長 ごあいさつ~

大手前大学3回生、アコースティックサウンド部の小西です。
1回生の時からスタッフとして参加しているこのお祭りに、実行委員長として関われることを大変嬉しく思います。

 今年のテーマは、「元気フル舞う笑顔にして舞ういたみっ子」です。全力の"フル"と"振る舞う"をかけていること、"してまう"と"舞う"をかけていることがお分かりいただけますでしょうか?踊り子さんの元気がお客さんやスタッフに伝わり、いたみわっしょいに関わる全ての人が笑顔になるように、という意味が込められています。

笑顔いっぱいのイベントになるようスタッフ一同頑張って参りますので、どうぞよろしくお願いします。                         

 

 いたみわっしょい実行委員会     実行委員長 小西菜々


~いたみわっしょい実行委員会 顧問 ごあいさつ~

「いたみわっしょい」は、中心市街地の活性化・青少年の健全育成・新しい文化の創造の三つの目的をもって歩み続け、16年目を迎えることになりました。これも参加して下さるチームや学校、そしてボランティアの方々、「いたみわっしょい」を楽しみに観に来て下さる方々、協力してくださる商店街の方々、協賛・後援をいただいている多くの方々のおかげと心より感謝申し上げます。

「いたみわっしょい」当日は多くのチームの皆さんや観客で賑やかになる中心市街地ですが、今年、三軒寺前会場では美味しい自慢のメニューを出してくださる飲食店の方々や、いたみホールでは終日ダンスチームの体のメンテナンスをしてくださる治療院の方など、商店街の多くのお店が「いたみわっしょい」に協力してくださいます。今後も「いたみわっしょい」が中心市街地の活性化につながることをさらに進めてまいります。また、「いたみわっしょい」の運営は実行委員会の大学生が中心となっています。このお祭りを運営・企画していく事で、実行委員メンバーの大きな成長に繋がっています。またその企画運営のもとに小学校・中学校の他、多くの子どもたちが、踊りに、そしてボランティアに参加します。踊りやボランティアを通して成長する子どもたちの姿、この子どもたちの元気な姿が伊丹の街を元気にします。そして、「いたみわっしょい」は子どもたちだけでなく三世代が参加して、観て楽しむお祭りとして定着してきました。

中心市街地になくてはならないお祭り、青少年の健全育成になくてはならないお祭りとして、「元気」がメインテーマの「いたみわっしょい」を100年続けてまいります。100年経った時「いたみわっしょい」という新しい伊丹の文化が根付いているはずです

 
いたみわしょい実行委員会 顧問 板野彰彦